ホーム  >  掃除家電(ロボットクリーナータイプ)

調理家電口コミ・評判(イメージ)

今評判の掃除家電は?プロが教えるランキング!

今人気の掃除家電をランキング形式でピックアップ!
あなたの掃除家電選びに是非役立ててください。

調理家電口コミランキング(イメージ)

留守中はロボットにお任せ!

掃除家電ロボットクリーナータイプのおススメランキングの1位に輝いたのは、シャープ「RX-V90」!
2位、3位にはiRobot社のロボットクリーナーがランクインしました。

ロボットクリーナータイプは自動でお掃除してくれるので、仕事や趣味で時間を有効に使いたい方にピッタリのお掃除家電です。

調理家電口コミランキング詳細

調理家電口コミランキング総合1位 シャープ RX-V90

お部屋の広さとゴミの量に合わせてパワーをコントロール!

人工知能を備えたコンパクトタイプのロボット掃除機です。部品の効率的な配置により、本体を従来機種よりも小型化。椅子の脚の間やゴミが溜まりやすい部屋の隅、小さなスペースからリビングまで、部屋から部屋へ広範囲できめ細かな掃除が可能です。

また、部屋の広さを測定する「超音波センサー」と、ゴミが多いエリアを検知すると自動的に吸引力を上げる「ゴミセンサー」による「スマートお掃除機能」を搭載し、運転時間と吸込パワーを制御することで、3LDK・最長約100分間の掃除を可能にしています。さらに、独自の「強力吸じんシステム」を採用し、フローリングの目地に詰まった細かなゴミまで吸い込むことができるのも特徴。

機能面では、「音声認識機能」と人工知能「ココロエンジン」を搭載しており、音声による操作やコミュニケーションが可能だ。音声発声の日本語は、標準語と関西弁をサポート。


詳細を見る

調理家電口コミランキング総合2位 iRobot R875060

進化した清掃システム「エアロフォースクリーニングシステム」 を採用

■進化した清掃システム
800シリーズより新たな新清掃システム「AeroForce(エアロフォース)クリーニングシステム」を採用。ゴム製の2本のローラーが真ん中にゴミをかき寄せるように回転。ローラー間隔を狭くしてダストビンまでの密閉性を向上させ、モーターを改良したことにより吸引力が約5倍にアップし、ゴミの除去性能もアップしました。

■バッテリー寿命のアップ
リチウムイオンバッテリーを採用することで、従来よりも約2倍、バッテリー寿命がアップ。約6年間使用できるようになりました。

■お手入れの手間を軽減
ローラーへの髪の毛や糸の絡まりを軽減。お手入れの目安が、1週間に1回から4ヶ月に1回程度になりました。
また、ダストビン容量も700シリーズと比較して1.6倍にアップし、開口部も広くなってお手入れやゴミ捨ても楽になりました。自分で戻って充電
掃除完了、またはバッテリー残量が少なくなると、自動的にホームベースへ。すぐに充電を開始し、次の掃除に備えます。

■ボタンひとつで簡単操作
ルンバはボタンひとつ押すだけで、お掃除スタート。シンプル操作だから、どなたにもお使いいただけます。

■掃除エリアを自由に設定[バーチャルウォール(仮想壁)機能]
付属品の[バーチャルウォール]を使えば、センサーが見えない壁を感知し、指定された場所以外には立ち入りません。

■バーチャルウォール機能とは
お部屋を区切って、賢くお掃除してくれるのがバーチャルウォール機能です。電源を入れるだけで、赤外線の見えない壁を作り出し、ルンバの進入を防ぐことができます。
ルンバは障害物に当たって方向転換します。その際、障害物に振動を与えたり、まれにソフトタッチバンパーでこすることがあります。傷のつきやすい家具や置物には十分に注意をしてご使用下さい。別の場所へあらかじめ移動させるか、ルンバから保護していただく事をおすすめします。

詳細を見る

調理家電口コミランキング総合3位 iRobot R885060

複数の部屋を順番に、効率よくお掃除してくれる「お部屋ナビ」機能搭載!

■進化した清掃システム
800シリーズより新たな新清掃システム「AeroForce(エアロフォース)クリーニングシステム」を採用。ゴム製の2本のローラーが真ん中にゴミをかき寄せるように回転。ローラー間隔を狭くしてダストビンまでの密閉性を向上させ、モーターを改良したことにより吸引力が約5倍にアップし、ゴミの除去性能もアップしました。

■バッテリー寿命のアップ
リチウムイオンバッテリーを採用することで、従来よりも約2倍、バッテリー寿命がアップ。約6年間使用できるようになりました。

■お手入れの手間を軽減
ローラーへの髪の毛や糸の絡まりを軽減。お手入れの目安が、1週間に1回から4ヶ月に1回程度になりました。
また、ダストビン容量も700シリーズと比較して1.6倍にアップし、開口部も広くなってお手入れやゴミ捨ても楽になりました。 自分で戻って充電
掃除完了、またはバッテリー残量が少なくなると、自動的にホームベースへ。すぐに充電を開始し、次の掃除に備えます。

■ボタンひとつで簡単操作
ルンバはボタンひとつ押すだけで、お掃除スタート。シンプル操作だから、どなたにもお使いいただけます。

■複数の部屋を順番にお掃除させる[ライトハウス機能]
付属品の「お部屋ナビ」を使えば、連続した複数の部屋を順番にお掃除させることができます。
ひとつのお部屋をしっかりと掃除完了、または約25分を経過すると次の掃除へと向かいます。

詳細を見る

調理家電口コミランキング総合4位 東芝 VC-RVD1(R)

集塵してきたゴミを、自動で「ダストステーション」のダストボックスに都度吸引!

■ゴミの取り残しを少なくする「Smart Brain(スマートブレイン)」
「高精度赤外線距離センサー」と「超音波センサー」で室内の障害物・壁・隅の位置を正確に検知し、70以上の行動パターンから選んで掃除をします。前方の障害物・壁・家具を検知する「超音波センサー」は、赤外線センサーでは検知しにくいガラス、黒っぽい色の家具・壁等も確実に検知できます。本体側面に搭載した「高精度赤外線距離センサー」は壁との距離をほぼ一定の2cm以下に保ち、壁際のゴミを取り除きます。他にも7㎝以上の段差を回避して本体の落下を防止する段差センサー、走行距離センサーなど合計27個のセンサーを搭載しています。

■可動集塵システム「3D DRIVE(ドライブ)」
2本の「サイドアームブラシ」を採用。ブラシの回転軸も本体底面の外周近くに配置することで、壁際にもブラシが届きゴミを取り除きます。本体底面の回転ブラシは、床面に沿って上下に動く「可動式回転ブラシユニット」のため、ブラシが床面に接することで集塵しやすくなります。床に敷いたカーペット、敷居、ホットカーペットのコントローラーなどの段差に当った場合も本体内部に引っ込むことで、引っ掛かりにくくなります。さらに、本体底面から床面までを約15㎜に設定して、障害物を乗り越えやすくしており、高さ20㎜までの段差を乗り越えられます。ブラシにはキャニスタータイプのクリーナーと同じ毛ブラシを使用し、集塵のためのファンモーターは毎分最大約12,500回転で強力な吸引力を発揮します。

■ゴミ捨ての頻度を減らす、自動集塵の充電台「ダストステーション」
ゴミ捨ての頻度が少なくなるように、吸引機構を搭載した新開発の充電台「ダストステーション」を採用しました。ロボットクリーナーが集塵してきたゴミを、自動で「ダストステーション」のダストボックスに都度吸引します。「ダストステーション」のダストボックスは、約1ヶ月分のゴミを集められます。また、吸引後はロボットクリーナー本体のダストカップはゴミが入っていない状態になるので、集塵力が持続します。「タイマー予約機能」で曜日とお掃除開始時刻を設定しておけば、より手間が省けます。

詳細を見る